ぺちゃ通信

ボストンテリア、フレンチブルドッグ、パグを中心としたポータルサイトです

パグ専門のカフェがオープン!パグ人気の裏では知ってほしいこともあるよ

スポンサーリンク

 @oe17a22mmです。

www.youtube.comイギリスではパグが流行っているそうで、パグ専門のカフェがオープンしたとのことです。パグ専門とかぺちゃ犬好きには最高すぎるだろ。

 

目次

 

パグ専門カフェ

英国のファッショナブルな人たちの間で今、マストアイテムとして大流行しているのが、小型犬のパグだ。ロンドンでは、その垂れ下がった顔と大きな目に心奪われた飼い主らがパグを連れ、専用のカフェでカクテルやアフタヌーン・ティーを楽しんでいる。

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3148534

ぺちゃ犬の可愛さは世界共通なんですね。 イギリスでも流行っていますが日本でも流行っていますよ!

 

しかし、ぺちゃ犬の流行に懸念事項が

これを受け、一部の動物愛護団体がこうした犬種は病気にかかりやすいと注意を促しているほか、別の犬種を飼うよう呼びかける団体まである。

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3148440

たしかに短頭種は病気にかかりやすい犬種であります。このブームをきっかけに短頭種のかかりやすい病気を普及させることは大切だと思いますので一部を簡単に紹介。

 

パグなど短頭種がかかりやすい病気とは?

  • 呼吸困難

短頭種は鼻が短いため、呼吸障害を伴いやすいです。気道が狭いことで呼吸困難になりやすいと言われています。

  • 目のケガ

鼻が短いことと、目が飛び出ていることが短頭種の特徴であるため他の犬と遊んでいる時などにケガを負いやすいです。

  • 皮膚疾患

パグ、フレンチブルドッグボストンテリアは口周りや首周りにシワが出来やすいです。そのため、皮膚疾患の予防目的としてこまめなシワの間の掃除が欠かせません。

 

人気だが、知ることも大事

英国獣医師会(British Veterinary Association)幹部のグドゥルン・ラビッツ(Gudrun Ravetz)氏によれば、過去2、3年の間にパグの人気は急上昇している。今では飼い犬としてラブラドール、コッカー・スパニエル、フレンチブルドッグに次いで英国で4番目に人気だ。

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3148534

3番目がフレブル、4番目がパグ、ぺちゃ犬ブームを逆手にどれだけのケアが必要なのかを知ることが重要ですね。ぺちゃ犬を飼いたいと、検討されている方は短頭種の特徴を把握してみてはいかがでしょうか。

www.afpbb.com